helping women make their dreams come true.

About Tribalogy


Tribalogy is the study of tribal cultures that are rich in

history and unique in their nature. Due to the lack of general

interests and ever-growing demand for ¨fast and cheap¨, many

of such cultures are at a danger of extinction. Our aim is to

explore, learn and create based on the study, while providing

economical and occupational support to those in need.


Originally from Japan and having lived in New York, Italy and

Switzerland, Tribalogy founder Mei Hayashi moved to Jordan in

2008. Having worked as a fashion designer for high-end brands

in New York and Italy, the life experiences in a small Bedouin

village in the south of Jordan helped her reach a new height as

a designer and use her creations as a way to celebrate the tribal

cultures.

Through this project, Tribalogy aims to increase awareness, inspire others and make a difference. Instead of adding just another product to the already cluttered world, we would like to present something special with a soul, a craftwork made by the hands of those who are in need, with design details that are unique to the tribal cultures. 


Tribalogy(トライバロジー)とは、人類の発祥とともに育まれ、豊かな歴史と独特な価値観を持ち合わせた「部族文化」の研究を意味します。近年の“より早くより安い”商品を求めるトレンドの急激な増加にともない、歴史ある文化への興味が一般的に薄れてきたことにより、多くの豊かな部族文化は消滅の危機に瀕しています。私たちはその部族文化の研究から学び、そしてそこから新たに創造していくことを通して、助けを必要としている人々への経済的、職業的なサポートを提供していくことを目的としています。

Tribalogyの創始者である林芽衣(はやし めい)は、日本で生まれ育ち、中学と高校をスイスで過ごしました。そして高校卒業とともにニューヨークでファッションデザインを学び、いくつかのブランドのデザイナーとしてニューヨークとイタリアでキャリアを積んだ後、2008年に南ヨルダンにあるベドゥインの小さな村に移り住みました。この村での鮮やかな体験が、部族文化を独自のクリエーションを通じて発信していくという、デザイナーとして新たな境地に彼女を導いたのです。

Tribalogyは、このプロジェクトを通して部族文化への関心を高めるとともに、インスピレーションを与え、社会に貢献していくことを目的としています。物に溢れたこの世界に、ただ新たな製品を増やすのではなく、支援を必要とする人たちの手によって作られた心のこもった工芸品を、部族文化独特のディテールを駆使して創っていくことが願いです。 

Like what you see?

Contact us anytime to get a quote, to leave a comment, or simply to say hi!


商品に関する質問やコメントなど、お気軽にご連絡ください。